上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--|スポンサー広告||TOP↑
子宮筋腫とおなじ様に月経異常等の症状が表れる病気に子宮内膜症が有る。
子宮内膜とは子宮の内部を覆ってる粘膜の事で、妊娠時に受精卵が着床するベッドの任務が有る。
妊娠しなければ子宮内膜ははがれ落ちて月経血となって体外へ出される。

また筋腫の症状はあるが、治療を受けるほどじゃないと云うケースの場合もあるだろう。
こういった女性には生活習慣や食生活の改善等を試みる事も一つの方法である。
中国の伝統医療である漢方では、生活習慣や食事内容を筋腫のタイプに分けて改善する事を治療の中に取り入れている。

また子宮筋腫が大幅になり周りの臓器を圧迫する事による症状も有る。
その典型的なものは頻尿で、これは筋腫が膀胱を圧迫する事に拠って生じる。
更に筋腫が大幅に成ると大腸を圧迫して便秘に成る事も有る。

子宮筋腫の生起場所に拠っては受精卵の着床を妨げたり、精子が卵管をとおる際に障害となったりして、不妊症の原因となる事も有る。
またただしいケースの場合と比較して、流産や早産の可能性が高い事も把握出きている。

また近頃ではMRIによる診察も普及している。
これは超音波検査で腫瘍があったケースの場合や診察ができなかったケースの場合に実行される検査である。
MRIをもたない病院ではCT検査が実行される事も有る。

こういった検査の他にも触診や超音波検査の結果に拠って、必要に応じて特別な検査が実行される事も有る。



スポンサーサイト
05/12|日記||TOP↑
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。